基本ステップ

【ハウスダンス基本ステップ】チェイスを誰でもラクに踊る方法

ハウスダンス基本ステップ、チェイスのやり方

この記事はハウスダンス基本ステップ【チェイス】をラクに踊るコツと注意点について書いています。

チェイスはたった2つのコツ4つの注意点さえ意識すれば誰でもラクに、そして疲れずに踊ることが出来ます。

【2つのコツ】

  • つま先の点で着地する
  • 上体を起こす

【踊れない4つの原因】

  • ステップ①で左足を引いていないか
  • 真上に高く跳ねていないか
  • 足の裏全面で着地していないか
  • 大きく動き過ぎいてないか

以上のポイントさえ意識して練習すれば、誰でもラクにすぐマスター出来るのです!

それではこの記事を参考にして、一緒にチェイスをマスターしていきましょう!

チェイスとは

その追いかけるような独特の動きからチェイスと呼ばれるハウスダンスステップ。

ディープハウスやジャッキングハウス、テックハウスなどのリズムが強い曲で踊るとかなり映えます。

ハウスダンサーの中にはこのチェイスをベースにダンススタイルを形成している人も少なくありません。

特に同タイプ(浮くようなステップ)のハウスダンスステップであるシャッフルやパウワウ、ピーターポールとの相性が良いため、これらと組み合わせて使われる事が多いです。

ハウスダンスでは多くのステップが左右対象で踏むのに対し、このチェイスは片側で連続して踏むのが特徴なので何回も練習していると体重を支えてる片方の足だけしんどくなるので注意してください。

足の負担を減らして効率よくマスターするためにも、動画をみて動きを理解し、完成形をイメージしてから練習しましょう

チェイスの動画と解説

  • ステップ①右足を蹴ると同時に左足を引く(カウント1)
  • ステップ②右足と左足を入れ替える(カウント1エン)
  • ステップ③左足を下ろすと同時に右足を後ろへ滑らすように抜く(カウント2)

①~③を繰り返す

チェイスのコツ

つま先の点で着地しよう

速いテンポの曲に合わせて素早く動くステップなので、足を早く動かすためにもつま先の点で着地するように意識しましょう。
その際はくれぐれも、高く跳ねないように注意してください。

上体を起こそう

特にステップ③で上体を倒しすぎるとステップ①に戻る際に上体を起こすという余計な仕事が増えてステップが遅くなります。
極端に身体を前に倒さないように注意してみましょう。

チェイスの注意点

説明通りコツを意識しているのにチェイスがうまく踊れない、もしくはすごく疲れるという場合は原因があります。

チェイスがうまく踊れない原因は主に4つ

  1. ステップ①で左足を引いていない
  2. 真上に高く跳ねてる
  3. 足の裏全面でベタッと着地している
  4. 大きく動き過ぎてる

です。

これらは全て動きが遅くなるだけでなく、激しく体力を消耗する原因でもあるので、チェイスが踊りにくいと感じたら上記の項目に心当たりが無いか見直してみましょう。

これらを見直すだけで格段に踊りやすくなるはず!!

チェイスのまとめ
チェイスのコツは2つ
つま先の点で着地しよう
上体を起こそう
チェイスが踊れない原因は4つ
ステップ①で左足を引いていない
真上に高く跳ねてる
足の裏全面でベタッと着地している
大きく動き過ぎてる

以上がチェイスのまとめになります。

チェイスは慣れるまでは疲れるし大変で挫折しそうになります。
しかしお手本をしっかりと見て、コツと注意点を理解してから練習すれば効率よくマスター出来るはずです。

しかし一度慣れてしまえば、あなたのハウスダンスにおいて強力な武器になる動きなので、諦めずに練習して絶対マスターしましょうね!!

それでは素晴らしいハウスダンスライフを過ごして下さい!

こちらの記事もおすすめ!