基本ステップ

【超簡単】ハウスダンスツーステップをマスターするたった1つのコツ

ハウスダンス基本ステップ、ツーステップのやり方

2020年4月11日に記事を更新しました。

ハウスダンスインストラクターの万里です。

『ハウスダンスを始めたけどツーステップが上手く踊れない』
と悩んでいませんか?

この記事はそんな人に向けて、ツーステップを上手く踊るコツ注意点、そしてバリエーション振り付けを紹介していきます。

もしあなたがツーステップでつまずいてるなら是非参考にして下さい!

ツーステップとは?

最初にツーステップについて理解しましょう。

ツーステップの説明

ツーステップはハウスダンスで最もメジャーな基本ステップ。

よく2-Stepと表記されますが、この【2】はつま先を意味する『トゥー』の略語的スラングという説もあります。

つま先で踏むステップだから【トゥーステップ(2Step)】なんですね。

他にも

  • トゥーステップ
  • トゥーステップクロス
  • クロスステップ

等と呼ばれたりもしますが、ここでは名称をツーステップと統一して説明していきます。

ツーステップとルーズレッグの違い

ツーステップに似た動きで3歩めにカカトを床に当てるステップもありますが、それは【ルーズレッグ】と呼ばれる別ステップになります。

ツーステップとルーズレッグは違うステップ。

ハウスダンスを始めたての頃は間違えやすいので注意しましょう。

ハウスダンス基本ステップ、ルーズレッグのやり方
【簡単】初心者でもルーズレッグが踊れるコツを動画で解説ハウスダンス基本ステップ【ルーズレッグ】のやり方、コツを動画を使って初心者にもわかりやすく説明します。注意すべきポイントは「カカトの体重」「軸足のヒザ」「カカトを戻す速さ」の3つだけ。それだけで簡単にルーズレッグが踊れます。習ったけどできない、動画見たけどうまく踊れないという人はぜひ参考にしてください!...

ツーステップの動画とやりかた

それではツーステップのやり方を動画を使って解説していきます。

3歩めに足を揃えるだけシンプルなツーステップもありますが、ここでは応用性が高いクロスのバージョンを紹介しています。

  1. ステップ①:右足を肩幅に開く(カウント1)
  2. ステップ②:左足を真後ろへ引く(カウント1エン)
  3. ステップ③:右足をクロスさせる。(カウント2)
  4. タメ(カウント2エン)

左右繰り返し

ツーステップのコツ

つま先重心を意識しよう!

ツーステップを上手く踊るコツは1つだけ。

常につま先重心を意識して踊ってください。

ツーステップをスムーズに踏むには左右への細かい重心移動が必要です。

背伸びするほどつま先立ちする必要はありませんが、常に拇指球(親指の付け根)に体重が乗ることを意識して踊りましょう。

この意識だけでツーステップは格段に踊りやすくなります。

ツーステップが踊りにくい原因

ツーステップが踊りにくい原因は大きく分けて3つ。

  1. ツマ先重心ではない
  2. 跳ねてる
  3. ステップ②の足が真後ろに引けていない

です。

それぞれを解説します。

ツーステップが踊りにくい原因①:ツマ先重心でない

ツーステップはカカトに重心が乗ると踊りにくくなります。

特にステップ①では、ただ右足を肩幅に開くのではなく、左足(軸足)のつま先で身体を右に押し出すように意識しましょう。

当然、着地する右足もつま先重心で踏ん張ります。

ツーステップが踊りにくい原因②:跳ねてる

跳ねてしまうと余計な力がはいって動きが遅くなり、音楽のテンポに追いつかなくなります。

ステップ時に頭の位置が変わらないように意識すると跳ねずに踊ることが出来ます。

ツーステップが踊りにくい原因③:ステップ②の足が真後ろに引けていない

ステップ②の足は真後ろに引きましょう。

ダンス初心者は右後方に引いてしまいがち。

この問題は、ステップ①で右足を着地させた瞬間に重心を左に押し返すことで解決できます。

ツーステップのバリエーション

ツーステップはルーズレッグをはじめとした多くのバリエーションへの発展が可能です。

ここでは代表的なバリエーションを紹介します。

ルーズレッグ

ツーステップにヒールステップを合体させたのがルーズレッグ。

ハウスダンスの代名詞的なステップです。

ハウスダンス基本ステップ、ルーズレッグのやり方
【簡単】初心者でもルーズレッグが踊れるコツを動画で解説ハウスダンス基本ステップ【ルーズレッグ】のやり方、コツを動画を使って初心者にもわかりやすく説明します。注意すべきポイントは「カカトの体重」「軸足のヒザ」「カカトを戻す速さ」の3つだけ。それだけで簡単にルーズレッグが踊れます。習ったけどできない、動画見たけどうまく踊れないという人はぜひ参考にしてください!...

ツーステップ(ノック)

ツマ先を床に当てて裏のリズムを拾うステップ。

さり気なく踏めるとものすごくオシャレです。逆にわざとらしく思い切り踏むとダサくなるので注意。

ハウスダンスステップ紹介
ハウスダンス初心者向けステップ練習動画【ツーステップ(ノック)のやり方】ハウスダンス ツーステップ(ノック)のコツを動画でわかりやすく説明します ツーステップ(ノック)の動画とやり方 ステップ...

ツーステップ(フライ)

浮遊感を出すバリエーション。実は頭の高さがあまり変わらない(=跳ねていない)のがポイント。

派手だけどやりすぎると単調になるので連発しないように注意。

ハウスダンスステップ紹介
ハウスダンス初心者向けステップ練習動画【ツーステップ(フライ)】ハウスダンス ツーステップ(フライ)のコツを動画でわかりやすく説明します ツーステップ(フライ)の動画とやり方 ステップ...

フローティング

ルーズレッグを踏む時、軸足のカカトを軸にツマ先を後ろに回すステップ。

ある程度ハウスダンスに慣れてくると無意識に踏めるようになります。

フローティングが踏めれば足の上下運動が減るので、長時間疲れずに踊ることが出来ます。

ハウスダンス、フローティングのやり方
【ハウスダンスステップ講座】フローティングの動画とやり方を説明ハウスダンス フローティングのコツを動画でわかりやすく説明します。 【ハウスダンスステップ】フローティングの動画とやり方 ...

ツーステップ(コイル)

僕のオリジナステップでトリッキーなバリエーション。

振り付けに緩急をつける時に使用します。

ハウスダンスステップ紹介
ハウスダンス初心者向け練習動画【ツーステップ(コイル)のやり方】ハウスダンス ツーステップ(コイル)のコツを動画でわかりやすく説明します ハウスダンス初心者向け練習動画【ツーステップ(コイル)のやり...

ツーステップを使った振り付け

ツーステップを覚えたら振り付けにも挑戦していきましょう。

踊れなくても、動画を見ながら「あ、ここでツーステップ使ってるんだな」と意識するだけでダンスセンスはドンドン向上していきます。

振り付けの細かい説明はこの記事を参考にしてください。

ハウスダンス初心者でも簡単に踊れる振り付け動画
ハウスダンス初心者向け動画|2分で踊れるカッコいい振り付け解説vol.3この記事はハウスダンス初心者向けに自宅で練習できる簡単でカッコいい振り付けを動画付きで解説しています。今回使用するステップはサルサホップ・パドブレターン・ツーステップの3つ。「ステップのコツを掴みたい」「ダンス練習方法を知りたい」という人は是非参考にして下さい。...

解説はこちら

ハウスダンス初心者向け動画ターンを使った簡単な振り付け
ハウスダンス初心者向け動画|ターンを使った振り付けを踊ろうぜ!この記事はハウスダンス初心者向けに自宅でも練習できる簡単な振り付けを詳しく解説しています。 今回はシンプルな『ターン』を一回だけ使...

ツーステップまとめ

繰り返して書きますが、ツーステップをマスターするコツはつま先の使い方にあります。

焦らずじっくりと練習してくださいね!

もし記事が役に立った場合は、下記のソーシャルボタンでシェアしてもらえると嬉しいです!
一緒にハウスダンス マニアを増やしていきましょう!!

ハウスダンサー向けネットショップ
【ハウスダンスの服装に迷ったら】ハウスダンサー専門ショップHOUSE DANCE MANIA/UNAFFECTEDハウスダンスの服装・衣装に悩んだらハウスダンサー専門ブランド【UNAFFECTED】と【HOUSE DANCE MANIA】がオススメです。男性、女性の性別問わず着られるオシャレでカッコいいダンスウェアを取り揃えています。特に大人ダンサー向けTシャツのラインナップが豊富です。...
こちらの記事もおすすめ!