ダンス

プロが解説!ハウスダンスツーステップとルーズレッグの違い

ハウスダンス初心者向け基本ステップ練習法まとめ

ハウスダンスの基本ステップ、ツーステップとルーズレッグは似ているけど別ステップです。

違いステップ数使う部位の2箇所。

この記事を読めば誰でも簡単に理解できます。

それでは、2つのステップの共通点と相違点を比較しながら、一緒に理解していきましょう!

ツーステップとルーズレッグの違い比較動画

 

ツーステップとルーズレッグの共通点3つ

ツーステップとルーズレッグの共通点は主に3つ

  1. 横へのステップ
  2. 左右対称のカウントと動き
  3. 移動しない

です。

詳しく説明します。

横へのステップ

どちらも脚を横に開閉する動きです。そのためシルエットが似ています。

左右対称のカウントと動き

どちらもカウントと動きが左右対称。片側2カウント、左右で4カウントのステップです。

移動しない

どちらもその場で踊るステップ。基本的に移動しません。

ツーステップとルーズレッグの相違点2つ

相違点は大きく分けて2つ。これだけ覚えていればステップが混同することはありません。

  1. ステップ数
  2. 使う部位

です。

ステップ数が違う

ツーステップは合計3歩。ルーズレッグは合計4本。ルーズレッグの方がステップが多く、リズムも細かいです。

使う部位が違う

ツーステップはつま先のみでステップ。ルーズレッグはつま先とカカトを使います

ルーズレッグで難しいとされる部分ですね。

プロが解説!ハウスダンスツーステップとルーズレッグの違い:まとめ

ツーステップとルーズレッグの大きな違いはステップ数使う部位

ツーステップは3歩でつま先のみで踊るのに対し、ルーズレッグは4歩でカカトも使います。

違いをしっかり意識して練習しましょう!

ハウスダンス基本ステップ、ツーステップのやり方
【超簡単】ハウスダンスツーステップをマスターするたった1つのコツツーステップを初心者でも簡単にマスターするためのコツを動画を使いわかりやすく説明していきます。ハウスダンスの基本とされるステップですが最初は苦戦するツーステップ。そんなあなたの悩みを解決しましょう!...
ハウスダンス基本ステップ、ルーズレッグのやり方
【簡単】ハウスダンス初心者でもルーズレッグが踊れるコツを動画で解説ハウスダンス基本ステップ【ルーズレッグ】のやり方、コツを動画を使って初心者にもわかりやすく説明します。注意すべきポイントは「カカトの体重」「軸足のヒザ」「カカトを戻す速さ」の3つだけ。それだけで簡単にルーズレッグが踊れます。習ったけどできない、動画見たけどうまく踊れないという人はぜひ参考にしてください!...