上級ステップ

ハウスダンス初心者向け練習動画【ツーステップ(コイル)のやり方】

ハウスダンスステップ紹介

ハウスダンス ツーステップ(コイル)のコツを動画でわかりやすく説明します

ハウスダンス初心者向け練習動画【ツーステップ(コイル)のやり方】

動画

  • ステップ①:左カカトを外に回して右足を開く
  • ステップ②:左足を右足に寄せる
  • ステップ③:右足をクロスさせる
  • ステップ④:右カカトに左ツマ先をつけた状態のまま右ツマ先で回す
  • ステップ⑤:カカトとツマ先をつけた状態で着地
  • ステップ⑥:カカトとツマ先をつけた状態のまま左カカトで回す
  • ステップ⑦:カカトとツマ先をつけた状態のまま着地

左右繰り返し

ハウスダンスステップ:ツーステップ(コイル)の説明

ツーステップにコイルを加えたバリエーションになります。

このステップは僕のオリジナルですが、もしかしたら既にあるのかもしれません。

このステップはバランス感覚と足裏のコントロール性がカギとなるので、くれぐれも力任せにツイストさせないよう注意しましょう。

ガッツリと巻きつけるよりは、カカトとツマ先をくっつけて前後の足を【縦長の板】のように使う方が移動距離が出て見栄えも良くなります。

このステップもコイル同様にバランスを取ろうとして腕を振り回すと観客は上半身に注目してしまい足元の動きに気がつかなくなるため、極力上半身の無駄な動きを抑えて足元に注目させるようにしましょう。

この動画で使用してるシューズはヴァンズ・オールドスクールですが、最初の頃はハイテクシューズのミドルカットやローカットの方がツマ先とカカトが大きく、そして靴底も厚いので練習しやすくてオススメです。

僕が使ったシューズでメジャーな所だと、ナイキのエアフォースなんて感覚を掴みやすかったですね。

ローテクシューズならばアディダスのスーパースターもシェルトゥ(貝殻のような形状ようなツマ先部分)が大きくてかなりコントロールし易かったです。

慣れてくればどんなシューズでも出来るので、もしもやりにくかったらハイテクシューズで練習してみて下さい。

こちらの記事もおすすめ!