昔の話

横浜イベントレッスンと劇場版サザエさんの話

ブログ用アイキャッチ
【2017年12月28日の日記】

24日、無事にメガロス横浜天王町店でのイベントレッスンが終了しました!!

ご参加くださったみなさんお疲れ様でした!
そして本当にありがとうございました!!

クリスマスイベントに参加者25名って運命っぽくない!?
スゴいよ!!

ちなみにこの日のサザエさんは【波平、走る】他2本でした。

なんだよこのタイトルすげぇ気になる!
僕ならリアルタイムで観ちゃうよ!!

それでも皆は僕のイベントレッスンを優先してくれたんだよ!!

てことは僕、波平に勝ったよ!
サンキュー波平!!
フォーエバーNAMIHEY!!!

て事で。

全力で踊りました。
レッスン参加者の皆で。
すんごい汗かいたよ。
きっとℓでかいた。

今回のイベントスケジュールがさ、15分(入門)→30分(初級)→75分(イベント)の流れなのね。

合計2時間だよ?
スゴい長い。
軽い映画の尺だぜこれ。
言うなれば【劇場版サザエさん】だよね。

波平は息を切らし、滝のように汗をかきながら走っているの。
それは誘拐されたタラオの為に。
いつもの何気ない日常が遠い昔のように感じられる。
そんでクライマックスではカツオをかばって銃で撃たれちゃうの、波平。
泣きながら波平を抱きしめるカツオに、『ばかもん。泣く奴があるか。子を守るのが親の務めだ』と言い、静かに目を閉じるの。

このシーンでもう号泣だよ。

そのあと怒りで覚醒したサザエさんが犯人をボコボコにするのよ。
スティーブンセガール並みに。
すげぇアクション。

悪の組織を壊滅し無事にタラオを奪還したサザエファミリー。

1週間後、【磯野 波平】と書かれた病室からはいつもの明るい笑い声が。

『も~。一時はどうなるかと思ったわよ、父さん。カツオが大泣きして大変だったんだから』とサザエ。

『ち、違うよ姉さん!あれは【もうこれからお説教聞かなくていいんだ!】っていう喜びの涙だったんだよ!!』と赤面しながら言い返すカツオ。

『バッカモーーン!ワシはまだまだ元気…イタタ、傷口が』すっかり調子の戻った波平。

『あらあら、無理なさらないで下さいよ』リンゴを剥きながら微笑むフネ。
一同、一斉に笑う。

この家族には平和が似合う。
この、愉快な家族には。

Fin.

みたいな。

僕的には、『磯野ー。キャッチボールしようぜ!』と誘ってきた中島の顔面にカツオが【メメタァッ】と躊躇なくパンチを叩き込んで『本物の中島はな、野球しようぜって誘うんだよ』と偽物を見破るシーンに痺れました。

あとイクラちゃんね。
まさか彼が喋れるとは思わなかったよ。
しかもあのタイミングで。
もう【ちゃん】付けで呼べない。
あんなドンデン返し見たことないよ。

いや。
見てないんだよ。

なんだこのしっかりした妄想は。

なんて軽く現実逃避しちゃうくらい踊りきりましたよ。

恐るべしみんなのスタミナ。
本当にハードスタイルでした。

でもみんな本当に上達しました。
本当に。

『先生!踊れるようになりましたよ!!先生ってすごい!!』と言ってくれる方も大勢いますが、それはちょっと違うからね。

僕がすごいのではなく、みんながすごいんですよ。
僕が教えたから、みんながいきなり踊れたわけじゃないんじゃないんです。

この1年間でみんながしっかり基本を身につけ、理解してくれたおかげであんな複雑な振りを踊りきる事ができたんですよ。

みんなの努力の結果です。
みんながすごいんです。

僕がしたのはほんの小さなキッカケを作ったのと、ちょっとの手助けだけです。

毎回僕の解りづらい説明をよく理解してくれてるなと本当に感心します。

解りやすく例え話をするつもりが例えがレアケース過ぎて解りにくかったり。
あと軽く脱線のつもりが、話を広げ過ぎて迷子になって帰ってこれなかったり。
さっきの劇場版サザエさんもそうだね。

『こんな説明よく聞いてくれるなぁ』と本当に感謝しています。
インストラクター冥利につきますよ。
もっと解りやすい説明が出来るように精進しますね。

改めて横浜のイベントにご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!
そしてサンキュー波平。

さて。
イベントレッスンも終わり今年もあと少しです。
まだまだ寒くなるので、みなさん体調には気をつけてくださいね!!

なんで僕は急に劇場版サザエさんの話してのって話でした。

こちらの記事もおすすめ!