今の話

ドクターペッパー事変。

ハウスダンスインストラクター万里の日記

今日も東京の気温は36度超え。

駅からスタジオまでの数百メートル歩いただけで滝のような汗。たぶん三キロくらい痩せたと思います。

スタッフルームに入った時は既にヘトヘトでした。

「おは…どうしたんですか万里さん!」

僕を見るなり席を立つB(以前僕に「私はケミストリーの川畑に似てません」と宣言させたスタッフ。理不尽の化身)

「全身びっしょりじゃないですか」

「外がめちゃくちゃ暑いんだよ」

「なるほど。それで途中で水浴びしてきた、と」

「汗な、これ」

こんな街中に水浴びスポットなんて無いだろ。何が『なるほど』なんだ。

汗を流そうとシャワールームに向かうとBが言いました。

「これから自販機にジュース買いに行くんですけど、何か飲みますか?」

「ありがとう。じゃあポカリお願い。もし無ければスポーツドリンクならなんでもいいよ」

そう言ってお金を渡すとBは部屋を出て行きました。

ーーーいつも理不尽な絡み方をするけど、本当は気の利く良いヤツなんだよ。今度お礼にコーヒーでもご馳走しようかなーーー

そう思いながらシャワーを浴びていると外からBの声。

「万里さーん、ジュースは扉の前に置いときますねー」

「おー、ありがとう」

汗を流した後に飲むポカリは格別だろうな、とシャワールームの扉を開けると、そこには

ドクターペッパー

が置いてありました。

なんでだよ。

「あれ?飲まないんですか?」

呆然としているとBが更衣室に戻ってきました。

「ジュースありがとうね。ところでさ、なんでドクターペッパーなの?」

「自販機にポカリスエットが無かったんですよ」

Bの右手にはアクエリアスのペットボトル。

「それ、どうしたの?」

「自販機で買いましたけど」

「じゃあ俺もアクエリアスにしてよ」

なんでポカリorドクターペッパーなんだよ。スポーツドリンクならなんでもいいって言ったじゃん。スポーツ中にドクターペッパー飲むヤツなんて見たことねぇよ。

するとBは鼻で笑って答えました。

「知らないんですか?プロの格闘家は炭酸抜きのコーラを飲むんですよ」

「コレはドクターペッパーだからね」

「あ、ほんとだ」

「『ほんとだ』じゃねぇよ」

「でも名前に『ドクター』ってついてるくらいですから。きっと何かしら身体に良いはずです」

真っ直ぐな瞳で答えるB。彼はきっと権威に弱い人間なのでしょう(ちなみにドクターペッパーの『ドクター』は開発者のモリソンとアンダーソンが「炭酸飲料って健康に良さそうじゃね?」というフザけた理由で健康アピールのためドクターってつけただけで健康はおろか医者とも全然関係ないんですけど、彼らのイメージ戦略もあながち間違ってなかったんだなぁって思いました)

ノドも乾いていたし仕方なくドクターペッパー飲んでレッスンに行きました。ずっとマスクの中がドクターペッパーくさかったです。なにこれ。

レッスン終了後、スタッフルームに戻るとBが神妙な顔つきで座っていました。

「さっきはドクターペッパーを選んでしまってすみませんでした。お詫びにジュースをロッカー前に置いてあるので飲んでください」

Bのやつ、わざわざアクエリアスを買ってくれたのか。なんて真面目なんだ。

いつも理不尽な絡み方をするし権威にも弱いけど、本当は素直で気の利く良いヤツなんですよ。

「いや、僕も言いすぎた。せっかく買ってきてくれたのに文句言ってゴメン。よかったらコレ食べてよ」

そう言ってオヤツに食べようと思っていたガルボをあげました。少し溶けてたけど。

そして更衣室に戻ると、ロッカー前には

コーラ

が置いてありました。

そっちじゃねぇよ。

こちらの記事もおすすめ!