中級ステップ

【初心者必見】ハウスダンスフロアー技ドルフィン(シャチ)をスロー動画で練習

ハウスダンスフロアー、ドルフィン(シャチ)のやり方

どうも。ハウスダンスインストラクターの万里です。

「ドルフィン(シャチ)が出来ない」と悩んでいませんか?

この記事では、そんな人に向けてハウスダンスの代表的フローアー技『ドルフィン』のコツや注意点、応用を解りやすく解説していきます。

本記事を参考にすれば簡単にドルフィンが出来るようになります。是非参考にして下さい!

ドルフィン(シャチ)とは?

ハウスダンスの代表的なフロアー技『ドルフィン』、人によっては『シャチ』とも言います。

床に手をついた状態でジャズダンスのドルフィンを行うのでドルフィンと呼ばれます(諸説あり)

 ほとんどのフロアー技に繋げられるほど使い勝手がよく、バリエーションも豊富にあります。

ハウスダンス ドルフィン(シャチ)の動画とやり方

ここでは基本となるシングルのやり方を紹介しています。

ちなみに僕のやり方は片腕を大きく振り上げるストロークスタイル。

片足と片腕の2点だけでバランスを取るために難易度は高くなります。しかし腕の振り、高く上げた足、そして観客側に身体の前面を向ける為ドルフィンのやり方の中では一番派手に見せる事が可能なスタイルです。

  1. ステップ①:両手を床につくと同時に右足を上げる
  2. ステップ②:両手の間を潜るように頭を入れる
  3. ステップ③右足を下ろす

ハウスダンス ドルフィン(シャチ)のコツ・注意点

ドルフィンのコツは1つだけ。左足の処理です。

ステップ②で潜る時、左足が床から離れないように注意して下さい。

左足が床から浮くと両腕に全体重がかかり、身体を支えきれなくなります。

特に「ドルフィンが潰れてしまう」と悩んでいる人は、左足の処理を意識してください。

ドルフィンをやりやすくするトレーニング

ドルフィンを効率よく簡単にマスターするには筋肉トレーニングが欠かせません。

ドルフィンでは主に

  • 上腕三頭筋(腕の後ろ)
  • 三角筋前部(肩の前)
  • 大胸筋上部(胸の上)
  • 脊柱起立筋(背中の筋肉群)
  • 大殿筋(おしり)

の筋肉を使います。

この中で特に重要なのは大胸筋上部

ここをトレーニングして使えるようにしておくとドルフィンの滑らかさ安定感が大幅に向上します。

詳しいトレーニング方法はこの記事にまとめているので読んで下さい。

ハウスダンスの大胸筋トレーニング
ハウスダンスのドルフィンが簡単にうまくなるトレーニングハウスダンスの代表的なフロアー「ドルフィン」は大胸筋をトレーニングしていれば簡単にマスターできます。この記事では大胸筋の働き、オススメのトレーニングとストレッチ動画を紹介しています。...

ハウスダンス ドルフィン(シャチ)の応用

ドルフィンの代表的な応用を紹介します。

飛びシャチ(ダブル)

ドルフィンの応用で最もメジャーなのが『飛びシャチ』

立った状態・寝た状態のどちらからも出来るようにしておきましょう。

着地でアゴを強打しないように気をつけて下さい。

飛びシャチの詳しいやり方はこちらの記事にまとめています。参考にして下さい。

ハウスダンスフロアー技、飛びシャチのやり方
【ハウスダンスフロアー技】飛びシャチのやり方を動画で説明しますハウスダンス 飛びシャチのコツを動画でわかりやすく説明します。 【ハウスダンスフロアー技】飛びシャチの動画と説明 飛びシャチのや...

【初心者必見】ハウスダンスフロアー技ドルフィン(シャチ)をスロー動画で練習:まとめ

以上がハウスダンスのフロアー技『ドルフィン(シャチ)』の解説でした。

左足の処理さえ注意すればすぐにコツが掴めるはずです。

ケガをしないよう、少しづつマスターしていきましょう!

自宅でのダンス練習・オンラインレッスンに必要な道具をまとめた記事はこちら。合わせて読んでください。

ダンスのオンラインレッスン、自宅練習に必要なアイテムをまとめて紹介
ダンス自宅練習・オンラインレッスンを快適にする必要アイテムまとめこの記事では自宅でのダンス練習やオンラインレッスンに必要なアイテムを、プロダンサーがまとめて紹介します。シューズ・クッションマット・シーツ・タオル・水筒・ダンスウェアがあれば自分の部屋でも快適にダンスを楽しむことが出来ます。オンラインレッスンに必要なアイテムや道具がわからない人は参考にして下さい。...
こちらの記事もおすすめ!