基本ステップ

【ハウスダンス基本ステップ】サルサステップ(蹴らない)のやり方

ハウスダンス基本ステップ、サルサステップのやり方

ハウスダンス サルサステップ(蹴らないバージョン)のコツを動画で解り易く説明します。

ハウスダンス サルサステップ(蹴らない)動画とやり方

  1. ステップ①:右足を踏み込むステップ(カウント1)
  2. ステップ②:左足を上げるステップ(カウント1エン)
  3. ステップ③:左足を後ろへ戻すステップ(カウント2)
  4. ステップ④:右足を下げて揃える(カウント2エン)

左右繰り返し

ハウスダンス サルサステップ(蹴らない)説明

サルサダンスのステップをハウスダンスに取り込んだのがサルサステップ。

ここではサルサステップの蹴らないバリエーションを紹介します。

この動きは元々サルサステップのバリエーションの1つに過ぎませんでした。

しかしその踊りやすさ、使い勝手の良さからハウスダンス界で爆発的に広まり瞬く間に定番ステップとなり定着。

主に前方や斜め前方に向いて踏むステップです。

ソロで使っても十分カッコいいですが、チームや発表会等の大人数で踊ると抜群にステージ映えをしますね。

その場合は胸の向きと頭の高さを揃えなければバラバラに見えてしまうので、練習の時はそこを注意して全体で統一しましょう。

また見せ方としては、ペアで向かい合い斜めに踏み合う事で振りの構成や展開にメリハリを加える事も出来ます。

ペアで踊る時は2人の距離が離れすぎていると一体感が無くなるので、出来るだけ接近して踊る事を心がけましょう。

その際はお互いに相手の動きを読んでぶつからない様に気をつけてください。

こちらの記事もおすすめ!